はまり過ぎって怖いですね

私は以前「テイルズウィーバー」というMMOにドはまりしていたことがありました。

プレイするようになったきっかけは自宅でできる暇つぶしが欲しいと思って、オンラインゲームのまとめページみたいなものを見ていた時にたまたま目に留まったからなのですが、2Dのキャラ絵がかわいくてプレイしてみようかなと思ったのを覚えています。

プレイし始めてからは一瞬でハマってしまい文字通り「寝食を忘れ」てゲームに没頭していました。

当時私は大学生だったのですが、ゲームの時間湧きのレアボスが現れる時間と大学の講義のテストの時間がかぶっていた時に、レアボスを倒すほうを優先してしまうぐらいにはのめりこんでいました(さすがに反省はしましたが)。

そんなこんなでゲーム内のサーバーで少しは有名になって天狗になっていたころにとんでもない事件が起きます。

私のアカウントが乗っ取りにあってしまったのです。

いつものようにゲームにログインしようとアカウント、パスワードを打ち込んでもログインできず打ち間違いかと思い何度も何度も繰り返すのですがどれだけ試してもログインできないんです。

途方に暮れていた時にゲーム仲間から「何か公式HPでアカウント乗っ取りの注意みたいなん出てたけどみんな大丈夫ー?」というスカイプが。

信長の野望オンラインにはまった日々

私が中毒になるほどはまったゲームは信長の野望オンラインです。

当時オンラインゲームに免疫のなかった私はこのゲームに猿のようにはまり、今日は越中で狩り明日は上野で狩りと、夢中になってプレイしていました。

何よりも横文字のファンタジー世界ではなく戦国の世でオンラインゲームが出来る点は非常にポイントが高く、その頃はリアルにログインといった感じの人生を送っていました。

プレイ時間は1日に15時間程度です。

文字通り寝たり風呂に入ったりといった時間を除いた全ての時間を信長の野望オンラインに当てていました。

今の信オンの状況は知りませんが、当時の信オンはまだ世界が始まったばかりなので活気にあふれ、戦国の世に生きる感が凄かったです。

当時の私はニートだったので、存分に己の全てをかけて無敵の夢を追いかけていました。

正直あの日々が人生で一番充実していたかもしれません。

そう思えるくらいに私は信オンにはまっていました。

ですが、さすがに同じゲームを1年やっていると飽きがきます。

サーバートップのPCを作る事は出来なくても、そこそこのPCを作ってそれなりに活躍する事が出来たのと、もうゲーム内で出来る事はほとんどやったということで飽きてきました。

私のゲーム中毒体験談

37歳主婦です。

5~6年ほど前に姉から紹介されて始めた「MILU」というオンラインゲームで中毒になりました。

表向きは自分のアバターを作成し「釣りをする」ゲームですが、その世界で友達や恋人を作る、所謂出会い系のゲームでした。

そのゲームでは、定期的にイベントがあったりはもちろん、カップル式、学校、結婚式、自分の部屋を作る機能などもどんどん増えていくことで、現実では味わえない疑似体験ができ、どんどんはまっていってしまいました。

友達もどんどん増え、実際に連絡先を交換した人、実際にお会いした人などもいます。

当時私は専業主婦でしたが、早起きしてますPCを立ち上げゲームにログイン、昼食もゲームをしながらのこともありましたし家事がおろそかになることもありました。

当時の主人とは離婚しましたが、夕食を作るのが遅くなってしまい怒られた事もあったダメ主婦でした。

ゲームの中で好きな人も出来てしまい、ゲームの中でカップルになるとゲーム内通貨を現金で購入しお互い貢ぎ合ったりした事もあります。

私以外にも、一日中そのゲームにログインしている方は山のようにいましたし私のように精神的に弱い人が、現実逃避したり、現実とは違う自分を演じることが出来るゲームに依存したりしていました。

PSHOMEの思い出

一時期PSHOMEにはまっていました。もともとオンラインで人と接したことがなかったのですが、長年プレイしているファイナルファンタジーシリーズの14がでるということで、練習がてらオンラインの世界に入ったのがきっかけです。

夏ということもあり、外に出るには熱中症の危険性があったので毎日休みの日や仕事から帰ってすぐ開始し、夜遅くに寝るという生活でした。

フレンドもたくさん出来、外にでなくても人と接することができるというのがとても魅力的でした。基本的には無料でプレイすることのできるゲームではありますが、のめりこめばのめりこむほど新しいアイテムが欲しくなったりして1万円ほど課金しました。

いろいろなシチュエーションがあるので、景色がきれいな場所だったり幻想的なところであったりしてとても楽しかったです。

段々とインするフレンドが減ってしまい、マンネリ化して半年くらいで熱は冷めましたが、その後も暇なときは遊んでいました。

今はなくなってしまい、とても残念です。このゲームでオンラインの世界のいろはを学ぶことが出来、普段接することがない、いろいろな人の話を聞けたので、またPS4でも同じようなものを導入して欲しいです。

オンラインとはいえ、この世界にも様々な人間関係がある事が知れたのでまたやりたいです。

課金ガチャには手を出さない

34歳 未婚です。10年ほど前に約3年間に渡ってMMORPGのオンラインゲームを優先して生活していました。

オンラインゲームを始めたきっかけは友人から誘われた事で、それまではパソコンも所持していませんでした。

友人の家で体験したオンラインゲームでのチャットなどでのコミュニケーションやゲームでのイベント攻略を楽しそうにプレイしているのを見て自分も遊んでみたい!と思うようになりパソコンを購入しました。

自宅にパソコンがある生活になってから「朝起きたらパソコンの電源を付ける」「帰ってきたらパソコンの電源を付ける」といった感じで常にパソコンに依存してしまい遊んでいるオンラインゲームで現在どういった状況なのか?何か新しい情報は無いのか?など日々変わっていくオンラインゲームの動向が気になって仕方がない体質になってしまいました。

私のやっていたオンラインゲームにも課金ガチャのような物が存在していて、自分の好きな装備を出そうと躍起になり初めは月1万いかなかった課金額が、そのうち数万円となり酷い時は10万円くらい使ってしまいました使ってしまった原因は欲しい物を手に入れたかったのとゲーム内で常に新しく販売される人気の装備を入手することで同じオンラインゲームをプレイしているゲーム内の友達やチームのメンバーが褒めてくれたのが理由だと思っています。

モンスターハンターで喧嘩して友人無くした

これは私が悪いのですがモンスターハンターと言うゲームで友人に辛く当たり喧嘩をしてしまいました。

モンスターハンターは大きなモンスターを最大4人で武器を持って攻撃し、討伐するアクションゲームですが上手な人と下手な人がいます。

上手な人と一緒に戦えば楽に楽しくモンスターを狩れるのですが、私達はあまり上手ではありませんでした。

私は上級プレイヤーになりたかったので毎日必至にゲームしてましたが、今思えばやってるだけで腕前は下手でした。

だからうまく行かなくてイライラしてたのです。友人と一緒に遊ぶ時も自分の腕前を棚に上げ 友人の些細なミスを責めたてたり、うまくプレイする友人に負け惜しみな事をしょっちゅう言いました。

友人も言い返して来ましたけど、プレイ時間が私の方がずっと多いので私の方が上手だとその時は疑わずに強気な態度でいました。

事細かに上から目線で指示を出しまくったり、ミスを責めまくってたので友人とゲームをするときいつもギスギスするようになりました。

ある日友人が友人の友達を連れて来ました。その人は友人とゲーム友達で私とは初対面だったのですが、気さくな良い人でした。

しばらくは新しい人も入った事により楽しくゲームしてたのですがそのうち私も気を使うのを忘れてしまい、また厳しい口調で友人を責めてしまいました。

MMOにハマって仕事が…

私は以前「ネバーワールド」というブラウザのオンラインゲームにハマっていました。

当時はMMOというものはあまり普及しておらず、携帯電話でリアルタイムで仲間とゲームができるというシステムは画期的でした。

もともとゲームの類が好きだったのであっという間にのめりこんでいきました。

当時は19歳の社会人。最近のゲームは課金すると強い武器を買えたり体力を回復できたりしますがネバーワールドにはそういったシステムがなく、時間をかければかけるだけ強くなるものでした。

(RPGなのでレベル概念や武器合成などもあります)もちろん私も強くなりたいので言葉通り寝る間も惜しんでレベル上げをしていました。チームというものもあり、「寝たら負け」とうスパルタなところへ所属していました。

チーム内で仲間のオンライン状況を確認できるため一瞬たりとも落ちるわけにはいかないという謎の使命感までありました。

お金は月額課金なのでそれ以上はかかりませんでしたが、複数アカウントをもっているほど信頼されるという不思議な風潮もあり常にキャラクター数は上限まで登録していました。

いかに時間をネバーワールドに費やすかが生きがいのようになっており、仕事中も隙を観ては人目につかないところで携帯をカチカチ…。ゲーム内イベントのある日は仕事を休むのは当たり前。

モンスターハンターとゲーム中毒

私は友達がプレイしていたのがきっかけでモンスターハンターポータブルというゲームにはまりました。

内容はひたすらモンスターを倒してアイテムを集めて武器や防具を作ってプレイヤーのステータスを上げていくという内容です。

ソロでやっても面白いのですが通信して友達と協力してやっても面白いです。3dsからはオンラインで見知らぬ人とも通信が楽しむことができます。

ゲーム時間は1000時間を超えています。ゲームにはまって困ったことは睡眠時間や勉強時間を削ってゲームをしたことです。

当時私は中学生だったのですが学校と部活の以外の時間はゲームをしていました。定期テスト期間でもついついしてしまうので、勉強時間が取れませんでした。

特に武器と防具を作るのに倒したモンスターの素材が必要なのですが、そのアイテムがなかなか手に入らなくてついつい何時間靄ってしまいます。

金銭面ではソフト代だけなのでオンラインゲームほどはかからないです。
ゲームをやめられたきっかけは単純に全てのクエストをクリアしてしまったからです。

でもこのゲームは続編が現在も出ているのでまた新しいのをやってしまいます。

なのでゲーム中毒の対策としてはまずゲームをする前に自分のしておく課題を終わらしておくと良いと思います。

コンテンツ配信